軍事板

韓国人 “英国空母クイーン・エリザベス”程度なら韓国でも建造可能だ!!!

次世代先端艦艇建造の可能性検討研究報告書
英国空母“クイーン・エリザベス”が韓国の目標とする空母

  1. 全長296~306m、全幅74~78m、満水排水量7万1400トン程度の中型空母確保
  2. 中空母の建造費用5兆4218億ウォン、軽空母は3兆1509億ウォン
  3. 首都圏に空軍基地建設費用25兆ウォンに比べれば空母建設費は問題にならない
  4. ▲戦争抑制▲海洋生存権死守▲国威宣揚▲制空権確保▲その他不足能力解決
  5. 建造期間は最小12年から最長17年必要
  6. 目標艦艇確保ために越えなければならない最も大きい山は陸軍と空軍の反対

▲月刊朝鮮HPより ⓒ月刊朝鮮

朴槿恵政権時の2015年海軍戦力分析試験評価団が北朝鮮の多角化する軍事威嚇と中国・日本の空母保有に対応するための国内外の空母建造に対する研究を行ったと確認された。海軍戦力分析試験評価団は大宇造船海洋コンソーシアムに‘次世代航空母艦建造の可能性検討’を依頼した。研究期間は2015年4月から11月まで8ヶ月間だった。

《月刊朝鮮》は合計597ページで構成された報告書「次世代先端艦艇建造の可能性検討研究」を入手した。

先端艦艇は空母を意味する。報告書を見れば目標空母の核心任務は全面戦争時、北朝鮮の主な軍施設を一度に攻撃してマヒさせる‘戦略的マヒ作戦’と‘最深標的打撃’だ。空母は東海または、西海の公海上に進出して大量の防空戦力が密集した休戦ライン北側作戦区域を通過し平壌など敵の主な指揮勢力がある戦略標的に対する打撃任務を遂行しなければならない。

‘戦略的マヒ作戦’を実行し成功するには北朝鮮の西海、または東海沿岸から北上して北朝鮮の大量破壊兵器および戦略兵器打撃任務を遂行する前進基地の役割をしなければならない。北朝鮮の核施設が密集している寧辺は西海海岸線でわずか50kmほどしか離れていないので、海岸からの接近が容易な上、空母は有事の際の海上で戦闘機など空襲部隊を発進させたり、核を含んだ北朝鮮の大量破壊兵器回収のための特殊部隊を乗せたヘリコプター戦力を発進させる任務を遂行しなければならない。

また、首都圏に最も大きいな威嚇になる長射程砲戦力に対する大火力殲滅任務も履行しなければならない。首都圏全面に配置された北朝鮮の長射程砲は約340門程度であり、空母はこの約3分の1程度である約110門を破壊しなければならない。また長射程砲を保護する黄海道一帯のSA-5地対空ミサイルに対するSEAD(Suppression Enemy Air Defense・防空網制圧)作戦も遂行しなければならない。北朝鮮はSA-2 179基、SA-3 133基、SA-5 38基などの地対空ミサイルを保有し、低高度から高高度までの防空網を形成している。

中国が韓半島の急変事態に介入する場合、空母は戦闘機を全部離艦させ防御提供のための編隊構成を支援する任務もある。中国が山東半島の海軍航空基地から戦闘機を離陸させる場合、韓国防空識別区域(KADIZ)を通過後、西海岸一帯に精密兵器を投発するまで約30分程が必要とされるだけに30分以内に戦闘機を出撃させなければならない。

目標の空母モデルは英国空母クイーン・エリザベス▲月刊朝鮮HPより ⓒ月刊朝鮮

日本と領有権紛争がおきる場合、2機から4機程度の戦闘機を発進させ敵の攻撃編隊を阻止しなければならない任務もある。報告書は現実的にこのような任務を遂行するためには空母に30機以上の戦闘機を搭載しなければなければならないと分析した。報告書は任務性格、塔載機数量、支援施設などを総合的に判断した時、これを実現させる案として7万トン以上の排水量を持つ中型空母が必要だと明らかにした。

海外の建造事例では英国空母“クイーン・エリザベス”、フランス次期空母“PA2”がもっとも要求に近いモデルだと分析した。英国空母“クイーン・エリザベス”は英国が海軍強国としての自尊心を取り戻そうと30億ポンド(4兆3400億ウォン)の予算をかけ、2009年7月から建造を始めた空母で全長280m、満載排水量7万7800トン規模で10万トン級だ。この空母には垂直および短距離離着陸(VSTOL)機能を備えたF-35B ‘ライトニング2’ステルス戦闘機24機が搭載されて2017年12月から任務を遂行中だ。

フランス次期空母“PA2”はフランス海軍空母「フォッシュ」の後継艦の予定だった。当初フランス海軍はシャルル・ドゴール級原子力空母の2番艦を建造する計画にあったが、1番艦のシャルル・ドゴールで多くの問題を抱えていることが判明したため、フランス議会が建造費用を承認せず、就役以後にもトラブルが続いたためフランス海軍首脳部からも信頼性を失って在来式推進の新型空母を構想することになった。

初期段階では5万5000トン程度の予定だったが、英国海軍の次期空母計画に影響を受けて空母クイーン エリザベス級の設計案を採用した。しかしPA2は財政赤字という暗雲のため、2013年に建造が取り消しになった。建造しようとしたPA2の満載トン数は7万トンであり、推進方式は統合電気推進方式だ。乗組員は1650人(艦艇要員1000人・航空要員650人)だ。建造費用は約4兆3700億ウォンだった。

報告書は二つの空母をモデルにするとあったが、PA2の建造が取り消しになっただけに、私たちが建造するモデル空母の「空母クイーン・エリザベス」しかない。

空母の分類▲月刊朝鮮HPより ⓒ月刊朝鮮

一般的に空母は7万トン級以上は大型、4万~7万トン級は中型、4万トン級未満は小型に分類する。代表的な大型空母は1975年に実戦配置されて現在の運用されている空母の中で最も古い米国の空母ニミッツだ。満載排水量10万トン級、全長333m、全幅77m、90機の艦載機搭載が可能だ。

2017年7月23日就役した空母ジェラルド・フォードも大型空母だ。全長337m、全幅76m、排水量が10万トン級、開発・建造にかかった費用だけで430億ドル(約48兆ウォン)のこの艦は米海軍歴史上最も大きくて、最も強くて、最も高価な空母だ。言葉どおり‘世界最強’だ。2007年に開発を始め米海軍の11隻目の原子力推進空母で第2次世界大戦当時、海軍戦闘機操縦士として参戦したジェラルド・フォード前大統領から名前を取った。1962年に就役し2012年に退役した世界初となる原子力推進空母エンタープライズの代艦として2013年に建造を開始した。

中型空母は先立って紹介したフランスのPA2、英国のクイーン・エリザベスが代表的だ。

戦後最大の海上自衛隊戦闘艦である日本の‘出雲’は代表的な小型空母だ。約1200億円(約1兆3500億ウォン)の費用で建造された出雲の公式名称は護衛艦だが、ヘリコプターはもちろんF-35Bのような垂直離着陸機も搭載できる小型空母だ。

出雲は太平洋戦争時、日帝海軍第3艦隊旗艦の名前をそのまま使用している。出雲は1937年中国の上海に派遣されて、中国の魚雷艇からの攻撃に晒されながら生き残った伝説的存在だ。出雲は基準排水量1万9500トン、満載排水量2万7000トンで全長248m、全幅38mに達する。出雲は世界各国の小型空母に比べて遜色のない能力を備えていると評価される。出雲にはヘリコプターはもちろんF-35B、MV-22垂直離着陸機まで運搬できるエレベーターも設置されていて、有事の際に強力な上陸作戦支援能力を発揮することができるという。

韓国が建造するモデル空母の諸元

報告書に出てきたPA2とクイーン・エリザベスをモデルにした空母の諸元は次のとおりだ。

  • 搭載航空機:固定翼機:F-35C 32機、回転翼機:8機
  • 着艦甲板:傾斜型
  • 着艦甲板の形態は大きく傾斜型と直線型に分かれる。傾斜型は中・大型空母でよく採用される形式だ。長所は2つの滑走路と広い着艦甲板で航空機運用性が向上して、運用航空機の種類に制約がない。また航空機の同時着艦が可能だ。短所は追加装備(射出機など)必要で・着艦設備が複雑、艦艇の大型化にともなう建造費増加だ。
  • 発艦形態:電磁式射出機2基
  • スキージャンプ方式は未適用
  • 全長:296~306m
  • 全幅:74~78m
  • 吃水:10.6~11.0m
  • 満載トン数:7万1400t
  • 主要武装・センサー:多機能レーダー、戦闘システム1組、SAAM(艦対艦・艦隊地誘導、対艦誘導弾防御誘導弾) 2基、近接防御体系(CIWS) 3基
  • 最大速力:26~30ノット
  • 推進体系:統合電気推進システム
  • 搭乗人数:約2000人
  • 建造費用:5兆4218億ウォン

報告書は中空母乾建造を5兆4218億ウォン(搭載航空機費用は別)と予想してこのような前提を付けた。

国内造船所の多くの艦艇設計経験と高い生産性を考慮するならば実際の建造費は現在算出された建造費よりも安くなると判断される。建造にかかる期間は先行研究(2~3年)、探索開発(3~4年)、体系開発(7~10年)で最小12年から最大17年が必要とされることが明らかになった。仮に2018年に空母を建造することを決定をしても、早くて2030年、遅ければ2035年に完成することになる。

過去にも韓国の空母導入の試みは何回も挫折した。1996年に独島を巡って日本と葛藤が深化すると、当時の政府は空母導入を推進した。当時の空母導入推進は国防部長官も知らされず秘密裏に進行された。同じ年の10月、現代重工業は2012年就役を目標に私たちの海軍の空母建造を計画中とし全長197m、全幅24m、排水量1万5000トンの小型空母の模型を公開した。だが1997年、韓国が東アジア金融危機の荒波に巻き込まれ莫大な予算が必要とされる空母導入を推進できなくなった。為替危機を克服したのち3万5000トンまで大型化した空母導入を再び推進したが予算問題で失敗に終わった。

2013年合同参謀議長が空母確保のための必要性検討計画を明らかにしたが、これもまた失敗に終わった。当時海軍は中・日の空母保有にともなう軽空母保有必要性などを研究した。当時の報告書は有事の際迅速な海洋領土保護および奪還、周辺国に対する戦略的効果最大化のために‘小型空母型多目的上陸艦’を最低2隻確保しなければなければならないと明らかにした。そのため独島艦2番艦を2万~3万トン級水準の小型空母級として建造し、これと併行して既存の独島艦を垂直離着陸機を運用できる形態に改造する方案が提示された。

しかし計画が知られると、すぐに韓国が空母を導入するのは無理という指摘が出た。建造するのにも多大な費用が必要で、建造しても運営費が途方もないという理由からだ。この時の空母建造予想費用は3兆1509億ウォンだった。

しかし前海軍教育司令官は2013年11月号《月刊朝鮮》に書いた寄稿文「大韓民国海軍が原子力空母と原子力潜水艦を確保しなければならない理由」を通じてこのように主張した。“一般的に海軍自らも空母はとても高価な武器体系で、韓国海軍が確保するには不適格と理解している。だが、これは誤った認識だ。首都圏近隣の陸上空軍基地は坪当たり(3.3m2) 1000万ウォンを越えるので250万坪(826万4462m2)の空軍基地建設をするには何と25兆ウォンもかかる。空軍基地を新しく建設するには土地補償費だけで3兆~5兆ウォンが必要で、飛行場建設費が15兆ウォン程度必要だ。ところがフランスのドゴール原子力推進空母は1隻2兆5000億ウォン程度の建造費だ。

航空基地の有用性で見る時、水原、ソウル、江原などの前方空軍基地はすべて北朝鮮の240~300mm砲と長射程砲の射程圏内にある。特に北朝鮮の特攻作戦の標的になるので開戦して直ぐに韓国空軍からの援護を受けられなくなる。

韓国海軍が初めて導入する空母なので無理に原子力推進を考慮する必要はなく、在来式空母空母を推進しなければならないという主張もありえる。しかし原子力推進によって得られる主な利点は再給油なしで無制限の距離を高速で起動できる能力から由来する。さらに原子力推進空母には大変重要な利点がある。原子力推進空母は推進のための燃料を運ぶ必要がないので、船体に護衛艦と艦載機の燃料や、戦闘消耗品を運搬できる十分な余裕を生まれる。

韓国海軍は周辺国に比べて出遅れたが、原子力推進空母を進水すれば東北アジア周辺国に比べて最も優秀な原子力推進空母を最初に確保することになる。長い目で見れば空母建造費用が高いだけではないと言う意味だ。

前海軍教育司令官は海軍出身の軍事戦略家で早急にイージス艦保有の必要性を力説するなど大洋海軍建設論の先駆者で知らされた人物だ。

報告書でも海軍が空母を保有することに懐疑的な立場の意見として、空母1隻の建造費用が我が国の国防予算1年分より多くて、運用維持費用は天文学的なので空母を保有してもまともに運用できないという点を指摘しているが、現在の国防予算で大きいな予算増額がなくとも空母建造および戦力化が可能で運用に無理がないという事実を数値化した資料を通じて広報する必要があると強調した。

以下省略~

引用:http://bemil.chosun.com

 韓国人のコメント

韓国人
専門知識もない私は、空母賛成論者でも悲観論者でもないが、このような話を聞くと心理的に空母保有に1票いれたくなる。

韓国人
経済規模で見ても記事に書かれているよう、対北朝鮮のため空母を1隻程度保持しても良いと思うが、周辺大国(If:統一されれば状況が逆転)の目を盗んで、空母を韓半島周辺で自由に行動できるだろうか?特に中共軍に第一目標とされ、対艦弾道ミサイルをセッティングされるのは明らかです。戦争抑制の最も良い案は原潜を挙げるしかないというのが個人的私見です。

韓国人
私たちも超音速対艦ミサイルを開発中です。同じように中国や日本の空母に予めセッティングしておくのはどうでしょうか?

韓国人
維持費はどうするのか?空母1隻では何も出来ない。空母1隻のコストとソウル周辺の陸上航空基地のコストを比べるのではなく、護衛用イージス艦や駆逐艦、潜水艦、補給用艦船、搭載航空機などを含めた空母戦団のコストと比べないと。

韓国人
空母運用には、搭載航空隊のための陸上基地が必要になる。空母がドック入りしている間、艦載機は陸上基地で練度の維持を行う。空母を保有し運用し維持すると言うことは、何かと何かを比べるのではなく、総合力が必要でその費用は天文学的だ。

韓国人
海軍が中長期的に着実に計画を推進すれば、中型空母1隻程度は保有できる気がする。海軍が切に願い続けて、これまで何度も計画が提起されているので空母建造に着手しても、国民も周辺国も大きな反対はないでしょう。しかし個人的には済州島への航空基地をお勧めします。大洋海軍案は支持しますが、何も空母だけが大洋海軍ではないよ。韓国周辺の海は狭いので空母が隠れる海の広さがない。

韓国人
一つ本当にギャグのようなシチュエーションの話がある。私たちが保有している大型艦艇が戦闘中に破損し修理をしようとするなら釜山、蔚山、巨済、木浦、群山に行かなければならない。ここの皆様が望む対日戦争を遂行するならば、韓国と日本に挟まれた狭い海域を水上艦が通行するのは日本の打撃圏内であるため実質移動不可。一度損傷すれば修理自体が不可能だと言う意味です。まさか艦艇を神風と考えて使い捨て武器と考えるならば・・・

空母は海軍と国民の念願でもあるので保有することになるだろうが、むやみに独島侵攻を想定した誇大妄想的敵対的感情を育てるよりも、徹底した実利的利益と、それに対する計算と努力が必要だと思う。

韓国人
空母を建造すれば搭載用の航空機を新規で取得し、新たに人材を数千人規模で育成するのに5兆ウォンで足りるのか?いっそそのお金で済州島に要塞のような航空基地を建設した方が安上がりだ。そこにF-35を配備し対艦ミサイルを配備すれば中国と日本を牽制出来る。一般会社員が会社へ毎日フェラーリで出勤すればどうなるか子供にでもわかる。

韓国人
フランスの原子力空母建設は建造費用がなく不況と重なり11年もかかった。しかも5万tと中途半端な大きさで固定翼を運用しようとしたが、様々な不具合で何度もドック入り。E-2Cを運用しようとしてギリギリのサイズに収めたけど、結局飛行甲板の長さが足りず延長工事をするはめに・・・ 結局不具合を修繕し追加工事をしてまともに使用できるまでに掛かった費用は当初の建造費の3倍に・・・

米国を除いた先進国ですら空母建造で手こずるのに、私たちは空母を建造した経験もないにもかからず何故そんなに自信があるのか?

韓国人
そもそも前提が特殊だ。なぜ陸上基地を土地の高い首都圏に設定するのか?しかも首都圏は北朝鮮の長距離砲の射程圏。土地代の高い場所を基準にすればどんな兵器でも購入可能だ。

韓国人
空母建造に賛成。あと対戦戦力の強化、超音速、極超音速のミサイルの開発もして、対日アクセス拒否戦略を完成させましょう。

韓国人
清は周辺に競争相手がいなかったため慢心し、朝鮮は閉鎖的な運営で、着実に海洋進出していた西欧列強と日本に侵略された歴史があります。私は自分自身を守るため周辺の競争相手がナイフを持っている場合はナイフを、銃を持っている場合は銃を、相手を圧倒的に上回る武器とまではいわないが、同等程度の武器を持っていて初めて平和が維持されている。

今、中国と日本が海洋進出に積極的で空母システムの完成を急いでいます。私たちは、国土のみの防御しか頭にないが、固定された戦力より、移動可能な戦力の方が数倍の力になることができる。そして経済的な面と外交的な面を一緒に解決しなければと考えています。

しかし何よりも最も危険なのは内部の敵です。私たちは協力しなければならない同じ国の国民です。より多くの激しい議論が必要になるでしょう。しかし理解しようとして尊重することも大切です。

韓国人
非常によく出来た案ですね。陸上空軍基地は敵の長射程砲射程圏内にあり、開戦すれば直ぐに使用不可能になるだろう。これは対策をたてなければならないですね。私たちが原子力空母まで作りF-35を搭載すれば、北朝鮮の核兵器は一瞬で破壊できるだろう。

韓国人
地上の航空基地は両目を閉じていてもミサイル数発で無用の長物になるだろう。フォークランド戦争当時、アルゼンチン空軍は占領したフォークランドに戦闘機を配備した。英国の空母がやってきてもフォークランドに配備した戦闘機で撃退出来と考えたんだ。

しかし英国は本土から空中給油を駆使してバルカン爆撃機による攻撃でフォークランドの基地を使用不可能にしてしまった。そのためフォークランドの支援はアルゼンチン本土から出撃しないといけなくなり、英国海軍は逆にフォークランド周辺に空母を展開させ迎撃してきた。フォークランドまでの飛行のため出撃回数に制限があるアルゼンチン空軍の不利は誰の目にも明らかだ。

このように空母は必要に応じて、移動し艦隊を援護し、海戦で制海権を簡単に敵から奪ってしまうんです。空母の建造費や艦載機の取得費、維持費が莫大だと心配するのも分かりますが、空母保有が不可能だと思っている愚かな行動が国の破滅を招くのです。

関連記事

  1. 軍事板

    “貰った技術”で韓国ほど発展した国はない!|韓国人「我々は技術を独自発展させる特異なケース」

    韓国人が技術について語っています。大事なことなのでもう一度、韓国人が“…

  2. 軍事板

    韓国人「第二次大戦に日本が勝利した場合の日本海軍の様子」

    日本が敗戦していなかったと仮定の下、1962年頃に、サンフランシスコ港…

  3. 軍事板

    日本に出来るわけがない!|韓国人「日本の“F-3”ステルス戦闘機開発が不可能な理由」

    日本はF-35を140機導入しても、まだF-3を開発するだけの余力があ…

  4. 軍事板

    韓国人「トルコの代わりとして、私たちにF-35の部品製造を任してくれ」

    米国防総省がロシア製の防空ミサイル「S-400」導入を強行したトルコに…

  5. 軍事板

    要望翻訳|韓国人「ロシアから盗んで作ったのか?」 ⇒ 次世代戦闘機用エンジン「XF9-1」完成

    要望があったので次世代戦闘機用エンジン「XF9-1」の韓国人の反応を翻…

  6. 軍事板

    韓国人|韓国のK-9自走砲は安いのに、なぜ韓国型ヘリ“スリオン“は高価なのか?

    スリオンのフィリピン輸出失敗は、韓国軍が多く導入してもブラックホークの…

コメント

  • コメント (14)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2019年 1月 06日

    戦車のPPすら作れないのに
    ヘリのトランスミッションすら作れないのに
    ソナーすら作れないのに
    レーダーすら作れないのに
    泳げないくせに
    新たなお笑いネタを提供するだけなのにw

    • 匿名
    • 2019年 1月 06日

    韓国人って戦争したがりだなあ
    これじゃ軍拡競争も起るわけだわ

    • 匿名
    • 2019年 1月 06日

    「韓国」は国としての戦争なんかできないけど、レーダー事件みたいに統制されていないはねっかえりが何するかわからないところが微妙。

    • 名無しさん
    • 2019年 1月 06日

    ばかちよんは本当に幼稚なままで成長の止まった生き物だよな
    南ちんぽ半島の海軍基地に、仮に中型の空母を作って配置したとして
    どうやって日本を攻撃するつもりなんだ?
    佐世保からプサンまで直線距離で40㎞もないし
    そうでなくても半島の西半分の海は狭くて浅いんだから動けばすぐにばれる
    あいつらは自分たちが先制攻撃をするまで日本が無抵抗で反応しないのが当たり前とか
    本気で思い込んでいて笑える

      • 匿名
      • 2019年 1月 07日

      火器管制レーダーを照射されても自衛隊の哨戒機は無抵抗だったろ?
      つまりそういうこと。

    • 名無しさん
    • 2019年 1月 06日

    >佐世保からプサンまで直線距離で40㎞もないし

    訂正:対馬からプサンの直轄市で50km以内だ

    • 匿名
    • 2019年 1月 06日

    空母を維持できるのか?

      • ムリだな
      • 2019年 1月 07日

      ヒント
      ドクト級揚陸艦の様子

    • ムリだな
    • 2019年 1月 07日

    建造開始
    ↓←野党政権奪取「金の浪費だ」
    建造中止
    ↓←支持率低下
    建造再開「チョッパリに負けない海軍作るニダ」
    ↓←野党政権奪取「無駄使いだ」
    建造中止
    ↓(以下略)

    になりそう

    • 匿名
    • 2019年 1月 08日

    狭すぎて日本海側に地対艦ミサイルを配備したら韓国の空母なんて役に立たないのでは?

    • 匿名
    • 2019年 1月 16日

    フォークランド紛争の頃から時代が変わって、制空・制海権のない空母には更に受難の時代になってると思うが。

    • 無名
    • 2019年 1月 31日

    フォークランド紛争もアルゼンチンがそうりゅう型やおやしお型を一隻でも保有していたら英国は空母を使えず、結果は全く違っていたはずだ。

    • 名無し
    • 2019年 1月 31日

    ヘリすらまともに造れない国がなんだって??
    空母だって??

    • 匿名
    • 2019年 2月 09日

    建造費用の大部分を着服したい層がぶち上げてるんだろwww

スポンサードリンク

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP