歴史問題

韓国の反応「慰安婦像が既に撤去されたことを知らない韓国」⇒ 日本が慰安婦像に文句をつけてるぞ!

日本、フィリピン「平和の少女像」に是非… フィリピン政府「表現の自由」
>記事要約
日本軍慰安婦のおばあさんを讃えようと、フィリピンに建立した「平和の少女像」に日本が文句をつけはじめた。2日、現地メディアによると、フィリピン日本大使館は、昨年12月30日の声明で「今回の場合を含めて、他国に慰安婦像を立てることを非常に残念に思う」と主張した。日本側は2日前の昨年12月28日、フィリピン北部のサンペドロ市に設置された「平和の少女像」を取り上げ、このような立場を出した。
フィリピン大統領府のスポークスマンはこれに対して「憲法に保障された一種の表現の自由に政府が正当な理由なく制限したり、阻害することができない」と述べた。
フィリピンでは昨年4月の首都マニラに設置した日本軍慰安婦被害者追悼像が日本側の強い要請があった後、撤去された。この像は2017年12月にフィリピン国家歴史委員会と慰安婦被害者団体が設置したもので、マニラ市が排水施設の改善作業を名分に深夜に撤去して女性団体の反発を買った。

引用:NAVER NEWS/聯合ニュース

 管理人のツッコミ

確かサンペドロ市の慰安婦像も昨年の12月30日に撤去されたと日本で記事になっていました。このニュースをいつ韓国メディアが報じるのかチェックしていたんですが、もう撤去から数日経つのに未だに報道されず「このままスルーかな?」と思っていたら、なんと既に撤去されているにも関わらず、こんな記事が出てきました。こう来るとは予想外(笑)

フィリピンにまた慰安婦像 盛大に除幕式も突如撤去
フィリピン北部のサンペドロ市に28日、慰安婦像が設置されました。しかし、設置から2日後の30日にフィリピン政府の意向で突如、撤去されました。

引用:livedoorニュース

 韓国人のコメント

共感034 非共感000
戦犯の子孫でもある日本の上層部が国民にひた隠しバカを量産するのは日本国内でやってくれ。

共感013 非共感000
頭だけしか隠さない鶏にような日本。

共感007 非共感000
我々も国内の親日派子孫を粛清しなければならない。

共感001 非共感000
現代の悪の枢軸は日本だよ

共感000 非共感000
日本の姿は怒りや驚きを通り越して、もはや凄いと言っていい

共感000 非共感000
フィリピンのみなさんサンキュー!

共感001 非共感000
チョッパリ達は恥ずかしさも羞恥心も理解できない民族なので、この世から消し去ってしまわなければならない。

共感000 非共感000
フィリピン政府は日本政府の何かなのか? なぜフィリピン政府は日本政府の出先機関なのか? なぜフィリピン政府が日本政府に配慮しなければならない?

共感000 非共感000
猿たちは真実を隠そう努力するが、全世界が真実をしっている。非常に残念です。

関連記事

  1. 歴史問題

    外務省さん?|韓国人「ウリナラマンセー!」 ⇒ 米国で進行する「韓国独立運動」の記念日化

    今年、3.1運動が100周年を迎え、米国のニューヨーク州、ロングアイラ…

  2. 歴史問題

    3.1節は日本領事前が再び戦場に!|昨年失敗した「労働者像」の再設置を狙う韓国人団体

    昨年、失敗に終わった釜山の日本総領事館前への強制徴用労働者像設置が3.…

  3. 歴史問題

    韓国人「日本とは違うというの見せるために、ベトナム人へ謝罪しよう」

    目の前で家族の死を見て、村全体が燃えたとき、命からがら助かった人々がい…

  4. 歴史問題

    韓国の反応 “フィリピン「韓国に騙された」”⇒ 設置した慰安婦像が2日で撤去される

    サンペドロ市長は3日、声明で「平和と男女同権を願って、韓国人とフィリピ…

  5. 歴史問題

    韓国の反応「ベトナム戦争時の民間人虐殺調査資料が公開決定」⇒ 余計なことをするなと激怒する韓国人

    「ベトナムでの民間人虐殺関連情報を公開せよ」という裁判所の判断について…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 1月 09日

    >フィリピン政府は日本政府の何かなのか? なぜフィリピン政府は日本政府の出先機関なのか?
    > なぜフィリピン政府が日本政府に配慮しなければならない?

    なんで自分たちがうまくいかないとこうなるんだろうね。
    上記文章の日本というところを韓国に変えてみたらどうだろうか。

    フィリピン政府はフィリピン政府である。

スポンサードリンク

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP